と突然思い出して不可解な気分になっている秘境温泉番台です。


 なにか勧善懲悪事案なら、ぜひ仮面ライダーに解決してほしいところ。

IMG_2439

 



 ことの次第はこうです。



 十数年前、二胡演奏のお仕事を頂くようになって三年目くらいのときです。






 北大のそばに、けっこう有名なエレキギターなどの楽器店さんありまして、

 番台は、まだお仕事演奏初めて三年目くらいに、そこの息子さんという方からお電話頂きました。


 お父様が二胡がお好きと言うことで、誕生日のサプライズにしたいので

 パーティで演奏を頼みたいということで。

 当時の拙ホームページをご覧頂いてれんらくを頂いたのでした。



 おめでたい席のことだったので、知らない方でしたけれど、お引き受けいたしました。

 そういった事情なら、中国曲でも喜んでいただけるのではないかと思い。



 その一週間後くらいに、パーティ会場になるという支店の店舗を下見させていただき、

 必要機材や、時間帯、曲目、ギャランティなどについて、打ち合わせをさせて頂きました。

 楽器屋さん店内の演奏というのもおもしろいですね、などと申し上げて
 
 良い感じで打ち合わせはおわりました。




 それから当日が三週間くらい後くらいだったでしょうか。

 打ち合わせ通り伺い、会場に入ると、年配のご婦人が出迎えていただきまして、

 「息子さんのご依頼で伺いました二胡の〇〇と申します」

 となのりますと、

 そのご婦人



 「あっ……………」

 お化けでもみたようなお顔になりました。

 そして、なんだか目が泳いだのち

 「あ、それは、あの、無いので、お引き取り頂けますか…」


 

 へっ??????????


 番台はとまどってしまいまして、ぼーっと立ってしまいまして。

 すると

 「どうぞおひきとりください…」

 と、なんかつまみ出すみたいな雰囲気で。

 「〇〇さん(依頼主の息子さん)はおいでになりますか?」

 「いえ、あの… … お帰り頂けますか?」


 話にならない状態とはこのこと。

 


 なんだかびっくりして、しょうが無いので地下鉄で30分くらいかけて、かえりました。













 それでこの話、終わっちゃうんです。

 ギャラはもちろん交通費も出ませんでした。

 フォローの連絡もありません。

 依頼の方に電話も繋がりません。

 メール書いても返事無し。






 で、そのままになったのですが、最近、その会社を思い出すことがありまして。詳しくは差し控えますが。



 真相を推理するのもたんなる思考の遊びだけになるので、まあ、細部はともかく、ひとつだけ確かなのは、もしかして、すごい失礼なことされたの?かも? ってことでした。
 社風なのかなあ… それともなにか社内であったんでしょうか。




 だけど、一方でそのお父様(当時の社長さん)や息子さんになにか不測の事態があったのかもしれません。
 まあ、もう関わることはないと思うし、あまり考えません。





 横溝正史先生ならどういう話にしてくれるかなあ、というような、二胡やってて、番台の経験した最大のミステリーです。



 




 
 



********************************************************
copyright:maho arakida,someiro, since1999〜∞
写真、文章の無断転載禁止 つまりコピペ禁止 盗用的な引用禁止。
ブログ主は無宗教、特定の支持政党はありません。